WE Design School(ウィーデザインスクール)

メニュー

HOME/プログラム > 中級クラス  ロゴ分析

中級クラス
ロゴ分析
2017年11月15日(水)開講 全3回

デザインの判断力を鍛える

企業やブランド、プロジェクトなどを象徴するロゴのデザイン分析を通して「ロゴとはなにか」「ロゴを考える際に必要な視点や勘所はなにか」を学びます。ケーススタディ、ワークで様々なロゴを分析し読み解きながら、法則性を導き出したり、ロゴを考えるための情報整理術や思考方法を知ることで、デザインの良し悪しを判断する力を磨きます。デザインをより適切にコントロールし、ディレクションを行いたいという方におすすめのプログラムです。

終了いたしました

講座概要

  • 開講日2017年11月15日(水)/ 11月29日(水)/ 12月13日(水)
  • 会場武蔵野美術大学デザイン・ラウンジ
  • 講師稲葉裕美、小熊千佳子
  • 定員15 名
  • 受講料 36,000円(全3回)

受講をお勧めしたい方

  • 様々なデザインの事例を分析・インプットすることで、判断力を磨きたい
  • ロゴ発注の際に必要となる知識や考え方を知りたい
  • コンセプトと最終アウトプットの造形を繋げる思考を磨きたい
  • デザイナーがどんなことを気にかけてデザインしているか知りたい
  • デザインをつくるためのプロセスや発想方法を具体的に知りたい

講師

  • 稲葉裕美

    WEデザインスクール校長。OFFICE HALO代表取締役。武蔵野美術大学 芸術文化学科卒業。アートマネジメントやデザインマネジメント、文化政策を学ぶ。1984年生まれ。2015年に美大出身メンバーと芸術文化教育の研究開発を目的とした株式会社 OFFICE HALOをスタート。同年に社会人向けアートスクール「CORNER」を開校。2017年に「WEデザインスクール」を開校。大学や企業などにアート・デザイン教育プログラムの提供を行うなど、専門知識をより広く伝える活動を行う。

  • 小熊千佳子

    アートディレクター、グラフィックデザイナー。日本大学藝術学部絵画科油画専攻卒業。企業、店舗、保育園などの、CI・VI、ブランディングに携わり、ブックデザイン・パッケージ・空間の中でのグラフィックなと幅広く活躍。全国カレンダー展金賞および文部科学大臣賞、Graphis Poster Annual ゴールド(2013、2014、2016)プラチナ(2017)受賞。海外での国際ポスター展多数参加。チューリッヒデザイン美術館などポスター収蔵。
    リトルブックレーベル主宰としても活動し、国内外のアートブックフェアに出展。

講座内容

2017/11/15(水)19:00-21:00

ロゴを知る

ロゴについての基礎知識 / ビジネスでの使われ方 / ロゴを考える上で重要なポイント / デザイナーの制作プロセスを知る / ロゴを読み解く方法を知る

2017/11/29(水)19:00-21:00

ロゴを分類し法則を導く

事例の分類と言語化 / 法則を見出す / 考え方のパターンを知る

2017/12/13(水)19:00-21:00

ロゴの考え方を実践する

ロゴを考えるための情報整理とは / コンセプトのつくり方 / ロゴを発注するには / ロゴを議論する / ロゴを選び判断する基準を見出す

終了いたしました

申し込み受付中の講座

TOPに戻る