まもなく開催予定

デザインを議論する力を磨く

デザインリテラシー・トレーニング<オンライン開催>

お申し込みはこちら

Mindクラスへの想い

美大式の本格的トレーニングで
デザインを理論的に学び
良し悪しを判断する観察眼を持つ。
自分の言葉でデザインを説明し
自信を持って成果を導く
リーダーシップを磨く。

Messageメッセージ

デザインは議論できない
デザインは好き嫌いや勘で判断…
などと思い込んでいませんか?

デザインは客観的に
議論することができるものです。
デザインの基本を1から学び
説得力あるリーダーを目指しましょう。

Program概要

デザイン観察眼を持ち、良し悪しを判断しよう。

デザインリテラシー・トレーニングは、デザインの良し悪しを議論し判断する力をつけるために「デザインリテラシー」を身につけるプログラムです。デザイナーとの協業や、デザインの発注・判断、自分自身でのアウトプットづくりなど、様々なシーンで必要な「デザインを見る観察眼」を鍛えます。最終日にはグループで、学びを統合するアウトプットワークに取り組み成果を共有し、講師からのフィードバックを得て学びを深化させます。デザインに苦手意識のある方でも、最初の一歩目から学ぶことができる、初学者向けのプログラムです。

Who Should Attendこんな方におすすめ

○ デザインの良し悪しを言葉で説明できるようになりたい
○ 好き嫌いで判断してしまう人に、理論立てて意見を言いたい
○ デザインを発注・判断する時,判断基準がわからない
○ いいデザイナーを見極めて採用し、共通言語を持って相談したい
○ デザインを言語化できるようになりたい
○ デザイナーと同じ考え方をできるようになりたい
○ 初学者だが、基本から学びリーダーシップを発揮したい
○ 良いデザインはどこがどう良いのか、理由を知りたい
○ 他のデザイン講座を受けたが、デザインが分かるようにならない
○ 本を読んでも、デザインの基本が分からず自信が持てない

Featureこのプログラムで身につく能力

Step学びのステップ

Point学びのポイント

○ デザインを言葉で解説するから分かりやすい

デザインを漠然と見るのではなく、分解的に言語化することではっきりと理解することができます。
独自のデザイン分解のメソッドを使うことで、曖昧に語るのではなく論理的にデザインを捉えていきます。

○ 基本知識の理解で「見る目」が育つ

デザインを見る目を持つためにまず必要なのは、感覚的なセンスではなく、基礎知識です。
専門家とともにその論点を整理しながら学ぶことで、質の高いインプットを効果的にに行うことができます。

○ 判断しプロジェクトを推進するリーダーになる

デザイナーを目指すために技術を磨くのではなく、判断するクリエイティブリーダーになるためのポイントを学んでいきます。
日常の資料や簡単なアウトプットなどは、自らもデザインできるよう知識を身につけます。

○ アウトプットと専門家からのフィードバックで効率的な学び

グループワークによる対話や、アウトプットのワークを行うことにより、学びの吸収率は上がっていきます。
インタラクティブな講座で、しっかり身につくデザインの学びを得ます。

Goal目指す姿

Voice受講生の声

○ デザインは議論できる、というのが驚きだった。実践でとても役立ちそう。/製造業・40代

○ 社内では、好き嫌いで判断することが多いが、それでは成果がでないことがよくわかった。/エンジニア・30代

○ 専門家からデザインの解説を聞くと、そんな見方ができるのかと、目から鱗だった。/アパレル業界・30代

○ 自分にもデザインはできる、という自信が持てた。/編集者・20代

講師

  • 稲葉裕美

    1984年生まれ。教育イノベーター。WEデザインスクール主宰。OFFICE HALO代表取締役。
    武蔵野美術大学造形学部にて、創造性教育やアート・デザイン教育、その実践的活用や普及を研究対象とし、デザインマネジメントやアートマネジメント、文化政策を学ぶ。2014年に「クリエイティブ教育をイノベーションする」というビジョンのもと、OFFICE HALOを設立し、同年、大人のためのアートスクール「CORNER」を、2016年には武蔵野美術大学デザイン・ラウンジと共同で、日本初のビジネスリーダー向けデザイン学校「WEデザインスクール」を開校。デザイン、アート、表現領域のアカデミックな方法論を融合させ、社会人のクリエイティビティや感性を育成する、これまでにない教育メソッドを生み出し、さまざまなメディアから注目を集める。企業や行政、経営大学院などで多数プログラムを開催し、これまで1万人を超える受講者を輩出している。

  • 渡邊 翔

    デザイナー。武蔵野美術大学非常勤講師。武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科卒業。大学在学時より、ヤン・チヒョルトのデザインを軸にタイポグラフィ・紙面形成を研究。書籍を中心とした印刷物のデザインを手掛ける傍ら、タイポグラフィ関連著作の翻訳出版活動を行う。訳書に、チヒョルト『アシンメトリック・タイポグラフィ』(鹿島出版会、2013年) 。

カリキュラム

  • DAY1
    デザインリテラシーとは
    ビジネスにおけるデザイン課題を考える/プログラム全体像の共有/デザインを見る目がないのはなぜか/イメージを他者と共有するには

    2021年6月23日(水) 19:00 – 21:30

  • DAY2
    デザインの読み解き
    分析フレームによる事例の考察/デザインの良し悪しとその理由を考える

    2021年6月30日(水) 19:00 – 21:30

  • DAY3
    文字の基本
    文字の目的と役割/文字のデザインを考えるためのポイントとは

    2021年7月7日(水) 19:00 – 21:30

  • DAY4
    色の基本
    色の目的と役割/色のデザインを考えるためのポイントとは

    2021年7月14日(水) 19:00 – 21:30

  • DAY5
    フィールドワーク
    デザインの現場へ足を運ぶ/デザインを観察する/デザインの体験価値/課題の発見

    2021年7月24日(土) 11:00 – 13:30

  • DAY6
    フィールドワーク
    デザインの現場へ足を運ぶ/デザインを観察する/デザインの体験価値/課題の発見

    2021年7月24日(土) 14:30 – 17:00

開催概要

日時

DAY1 2021年6月23日(水) 19:00 – 21:30
DAY2 2021年6月30日(水) 19:00 – 21:30
DAY3 2021年7月7日(水) 19:00 – 21:30
DAY4 2021年7月14日(水) 19:00 – 21:30
DAY5 2021年7月24日(土) 11:00 – 13:30
DAY6 2021年7月24日(土) 14:30 – 17:00

会場

オンラインにて開催(Zoomを使用)

講師

稲葉 裕美、渡邉 翔

定員

各回10名程度(最小開催人数あり)

受講料

150,000円(税込み・全6回)

受講環境・セットアップについて

・受講にあたっては、PC、Webカメラ、マイク付きイヤホン、インターネット環境を事前にご用意ください。
受講システムとしてZoomを利用します。お申込後に詳細をご案内いたします。

・PCでのご参加を推奨いたしますが、スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末からご参加もいただけます。

・推奨環境は下記です。
PC
MacOS 10.7以降を搭載のMac OS X
Windows 10、Windows 8または8.1、Windows 7

タブレット
Win 8.1を搭載したSurface PRO 2、Win 10を搭載したSurface PRO 3、iOSとAndroidデバイス

Webカメラ
内蔵カメラまたはUSBプラグインカメラ

音声機器
マイク付きイヤホン

お申し込み方法

・ お申し込みは、WEデザインスクール事務局宛(contact@officehalo.com)のメールでお受付いたします。
・ メールの件名に「デザインリテラシー・トレーニング申し込み」、本文に受講希望期とプロフィール(お名前・おふりがな・ご年齢・勤務先名・部署名等)を記載の上、送付をお願いいたします。WEデザインスクールからメールにて詳細をご案内いたします。


※受講できない回があった場合、来期クラスへの振替受講ができます。
※競合となるサービスをお持ちの企業の方の参加はお断りしております。予めご了承ください。
※お申し込み後のキャンセルはお問い合わせフォームよりご連絡ください。クラス開講14日前まではキャンセル料は発生しないものとし、受講料を返金します。開催13日前以降はキャンセル料として、受講料の100%がかかります。

プログラム一覧へ戻る