お申し込み受付中

デザイン経営の判断力をつける

社会人のためのデザイン判断入門<1DAYプログラム>

お申し込みはこちら

Messageメッセージ

企業や経営大学院・行政などで多数導入されている
人気の1日セミナーがオンライン開催!
様々な本や情報に触れても
なかなかデザインが分かるようにならないという人に
ぜひ受けてほしい「デザインの基本のキ」が分かる講座です。

Programプログラム概要

美大式の本格的な講座で「デザインの判断ができる人」になろう

あなたが興味のあるデザインは、ロゴデザイン?ビジョンデザイン?それともUXデザインでしょうか?
もしくは、それぞれのジャンルがよく分からず混乱しているという人もいるかもしれません。
この講座は、どのジャンルのデザインを学ぶビジネスパーソンにも、最初の一歩目として是非受けて欲しいプログラムです。

ロゴやウェブサイト、パッケージなど、色・かたちを使ったビジュアルのデザインを使って、ブランディングを目指す人には「デザインを見る目」を磨くためのファースト・ステップとして。ビジョンやサービス・体験のデザインなど新規発想を目指す人には、一気通貫したデザインコントロール力を持ち「アイデア発想の質を上げる」ために、受講をおすすめします。

色・かたちを使ったビジュアルのデザインは、デザイン経営で成果を上げるために、誰しも身につけるべき基礎能力であり、デザイン経営において、最も活用頻度が高いデザインです。しかし、多くの社会人が苦手意識を持ち「自信がない」と答えるのも、また、ビジュアルのデザインなのです。「デザインは特別な才能がないと分からない」と誤解している人も多くいますが、ビジュアルのデザインには一定のルールや法則があり、誰でも学べば分かるようになる分野です。この講座で、気になっていたデザインを本格的に学びはじめましょう!

Point学びのポイント

1. デザインは今なぜ重要なの?

「デザインは何の役に立つのか?」ビジネスにおけるデザインの可能性を知り、活用の仕方や、学ぶべき項目について、その概要を整理することで、今後の実践のための土台をつくります。

2. デザインは理論的に言葉できる!

デザイン学習の基本として必須である「デザインの見方」を理論的に学びます言語化しながら丁寧に分析することで、発注や判断の際、多くの人が悩んでいる「いいデザインはどこがどういいの?」という基本的な疑問を解消します。

3. ビジュアルの判断軸を知る

色・かたちなどのビジュアルは一つの言語です。外国語のように、一つ一つの色・かたちが持つ意味を知ることで、誰にでも理解できるようになるものです。ビジュアルの判断軸を持つための最初の一歩を踏みだしましょう。

Who Should Attendこんな方におすすめ

○ 初めてデザインを学ぶ社会人の方
○ デザイナーではないが、ビジネスパーソンとしてデザインを知りたい
○ 美大式の本格的なメソッドでデザインを学びたい
○ 発注・判断の際の客観的な評価基準を持ちたい
○ 社内やチームで共通言語を持ってデザインを議論したい
○ いいデザインはどこがどういいのか?を知りたい
○ ロゴ、WEB、UXなど、◯◯デザインと名のつくものが多く混乱している
○ 売れる企画を立てられるビジョン力・発想力を磨きたい
○ 大企業や経営大学院・行政などで多数導入される人気の講座を受けたい
○ 本を読んでも、デザインの基本が分からず自信が持てない

We Figureスクールの特徴

1. OFFICE HALO×武蔵野美術大学デザイン・ラウンジ

WEデザインスクールは、美大出身メンバーによる、社会人を対象とした芸術文化教育の研究開発を行う株式会社OFFICE HALOが、企業・社会・大学を繋げるデザイン発信拠点である武蔵野美術大学デザイン・ラウンジとともに、教育のイノベーションのためにスタートした、これまでにない学校です。

2. アカデミックな本格的研究を通して独自開発

このワークショップは美大出身メンバーによる、アカデミックで本格的な研究を通して、独自に生み出された能力開発ワークショップです。さまざまな美術教育メソッドや、創造性教育、アートセラピー、キュレーションなどの多領域を学び、大人が創造性を回復するためのプログラム・教材を授業開発チームが開発、提供しています。

3. 教育機関やビジネスメディア、企業・行政でも導入されている信頼あるプログラム

2016年に日本初のビジネスパーソン向けの学び場としてスタートし、多くの研究と実践を重ねているWEデザインスクールの講座は、経営大学院や美術大学、大手ビジネスメディアのセミナーをはじめ、多種多様な業界業種の企業・行政など、様々な組織・団体で実施され好評を得ている信頼あるプログラムです。

Voice受講生の声

○ デザインは好き嫌いではなく、理由を持って言葉で説明できるんだと気づけた。/金融・30代

○ 講師の話がとても理論的で、これまで受講したデザイン講座の中で一番分かりやすかった。/コンサル・40代

○ デザイナーや社内でのコミュニケーションに早速活かせそうです。/営業職・20代

○ もっと早く受講すればよかった!たった1回の受講で、こんなに頭が整理されるとは驚きです。/市役所職員・40代

講座内容

1. レクチャー

デザインとは何か/なぜ今デザインが重要なのか/デザインの誤解を整理する/デザインの良し悪しとは/
デザインの見方を知る/デザイナーの視点とは/デザインの全体像をつかむ

2. ワークショップ

グループディスカッション/デザインの読み解きワーク

3. スクール説明

WEデザインスクールのプログラムについて

講師

  • 稲葉 裕美

    1984年生まれ。教育イノベーター。WEデザインスクール主宰。OFFICE HALO代表取締役。
    武蔵野美術大学造形学部にて、創造性教育やアート・デザイン教育、その実践的活用や普及を研究対象とし、デザインマネジメントやアートマネジメント、文化政策を学ぶ。2014年に「クリエイティブ教育をイノベーションする」というビジョンのもと、OFFICE HALOを設立し、同年、大人のためのアートスクール「CORNER」を、2016年には武蔵野美術大学デザイン・ラウンジと共同で、日本初のビジネスリーダー向けデザイン学校「WEデザインスクール」を開校。デザイン、アート、表現領域のアカデミックな方法論を融合させ、社会人のクリエイティビティや感性を育成する、これまでにない教育メソッドを生み出し、さまざまなメディアから注目を集める。企業や行政、経営大学院などで多数プログラムを開催し、これまで1万人を超える受講者を輩出している。

講座概要

開講日

2022年3月29日(火) 18:30 – 21:00
2022年4月16日(土) 10:00 – 12:30
2022年5月11日(水) 18:30 – 21:00
2022年5月26日(木) 18:30 – 21:00 <※追加開催>
2022年5月28日(土) 10:00 – 12:30
2022年6月04日(土) 10:00 – 12:30 <※追加開催>
2022年6月07日(火) 18:30 – 21:00 <※追加開催>
※内容は全日とも同じです。ご都合の良い日時をお選びください。

会場

オンラインにて開催(Zoomを使用)

講師

稲葉裕美

定員

各回25名程度(最小開催人数あり)

受講料

1,500円(全1回・特別お試し価格)

受講環境・セットアップについて

・受講にあたっては、PC、Webカメラ、マイク付きイヤホン、インターネット環境を事前にご用意ください。
受講システムとしてZoomを利用します。お申込後に詳細をご案内いたします。

・PCでのご参加を推奨いたしますが、スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末からご参加もいただけます。

・推奨環境は下記です。
PC
MacOS 10.7以降を搭載のMac OS X
Windows 10、Windows 8または8.1、Windows 7

タブレット
Win 8.1を搭載したSurface PRO 2、Win 10を搭載したSurface PRO 3、iOSとAndroidデバイス

Webカメラ
内蔵カメラまたはUSBプラグインカメラ

音声機器
マイク付きイヤホン

お申し込み方法

下記のお申し込みPeatixページよりお受付いたします。

●お申し込みはこちら
http://ptix.at/MlLWc1
※競合となるサービスをお持ちの企業の方、開始を検討している企業の方の参加はお断りしております。予めご了承ください。
※グループワークなどがあるため、Zoomではビデオ(映像あり)での参加が必須となります。

プログラム一覧へ戻る