お申し込み受付中

エモーショナルな経験をとりもどし、ビジョンを描く

感性トレーニング

お申し込み方法はこちら

プログラム概要

エモーショナルな経験をとりもどし、ビジョンを描く

感性トレーニングは、デザインのスタート地点となる、自分自身の感性的な認識力を呼び覚まし、発想の根本をつくるプログラムです。

デザインを扱うためには、自分自身の五感や知覚を通して、受けとめ、感じ、アウトプットする回路を回復する必要があります。これは誰もが本来備えている能力で、きっかけさえあれば取り戻していくことができるものです。このプログラムは、描く、鑑賞する、対話する、つくるなどのアート表現を媒介したワークを中心に進めることで、眠っていた知覚をさまざまな方向から刺激します。感性的な思考力を鍛えると同時に、自分自身の五感による内省を行い自己への深い問いかけを繰り返し行うことで、未知の自己を見出し、自分らしいビジョンや課題を発見していきます。

3つのポイント

1. 大人が感性を取り戻すためのアプローチ

デザインの力の根源は「感性的な思考力」です。日常の中で摩耗し弱っている認知のスキルを取り戻すために、アート教育のアプローチで、普段とは違う角度から五感を揺さぶる体験をすることで、感性的認識を取り戻していきます。

2. 深い五感で自己内省し、ビジョンを描く

五感での認識を取り戻すことにより、論理的な理解を越えたところにある、自己との対話を行うことができるようになります。感じる力を研ぎ澄ましながら内省を深めることで、自らの喜びとは何かという気づきを深め、未来への指針となるビジョンを描き可視化します。

3. イマジネーションを生む方法を学ぶ

メタファーやアナロジーを通して、イメージからイメージへとジャンプを繰り返す練習をしながら、イマジネーションを広げるワークを行います。自らに生まれた小さな気づきや思いつきを、アイディアとして膨らませ進化させていくプロセスを体感します。

こんな方におすすめです

□ 感性的な思考を持ち、デザインを理解したい
□ 深い感覚を取り戻したい
□ バイアスにとらわれない、柔軟な視点を持ちたい
□ 豊かなアイディアを持ち、企画力を高めたい
□ 外的なものに振り回されず内的な動機を重視したい
□ 自分が誰であり、何ができるのかを知りたい
□ 人生や仕事における意味やビジョンを発見したい
□ 新規事業、サービス・製品開発などに携わっている
□ リーダーとして多様な価値観を認める姿勢をつくりたい

講師

  • 稲葉 裕美

    1984年生まれ。武蔵野美術大学造形学部卒。創造性教育やアート・デザイン教育、その実践的活用や普及を研究対象とし、デザインマネジメントやアートマネジメント、文化政策を学ぶ。2014年に「クリエイティブと社会を架橋する」というビジョンのもと、教育デザインファームOFFICE HALOを設立し、同年、大人のためのアートスクール「CORNER」を、2017年には武蔵野美術大学デザイン・ラウンジと協同で、ビジネスリーダー向けデザインスクール「WE Design School」を開校。デザイン、アート、表現領域のアカデミックな方法論を融合させ、社会人のデザインリテラシーや感性を育成する、これまでにない教育分野を開拓。企業、大学、自治体等で幅広く教育プロジェクトを展開している。

  • 伊藤 のりこ

    日本大学芸術学部写真学科に在籍後、PARSONS SCHOOL OF DESIGN(米国、ニューヨーク)プロダクトデザイン学部においてセラミックデザインを修了。プロダクトに付随するグラフィックデザインを学ぶ一方で、美術学部にて版画も学ぶ。自由な発想での作品づくりを行い、ミラノサローネやイギリスのビクトリア&アルバートミュージアムなど主にヨーロッパの美術館にて作品発表の機会を得る。帰国後はインテリアショップでの商品開発、ライティング、翻訳、アーティストとしての制作活動など、枠にとらわれず多様な分野にて活動。

カリキュラム

  • DAY1
    2020年1月18日(土) 11:00-13:30
    感性に気づく
    イントロダクション/感性とは何か/自分自身と世界のつながりをつくる
  • DAY2
    2020年1月18日(土) 14:30-17:00
    内的な感覚を呼び覚ます
    埋もれていた内的感覚と出会う/じっくり観察する/ビジュアルを通して自分に気づく/対話しシェアリングする/ロジックから感覚へ移行する
  • DAY3
    2020年1月25日(土) 11:00-13:30
    五感を刺激する
    五感を目覚めさせ自己とつなげる/触媒としてのアート/感性と手で思考する/感受のスイッチを入れる/知覚を高める/五感でアウトプットする
  • DAY4
    2020年1月25日(土) 14:30-17:00
    メタファーとアナロジーでイメージを広げる
    イマジネーションとは何か/比喩と類推の思考/視点の移動/イメージを繋げる方法
  • DAY5
    2020年2月1日(土) 11:00-13:30
    主観と感情の解放
    感情を解放する/感情的知能をつくる/好きなモノ・コトから広げる/主観的な思考回路を取り戻す/内発的な声を高める/ひとりの人間としての自分
  • DAY6
    2020年2月1日(土) 14:30-17:00
    感性の可視化とビジョンの発見
    感受体験をアウトプットする/可視化された自己を観察する/意味を見出す/全体としての自己をつくる/他者や社会の感性とのつながりを回復する/自らのビジョンやテーマを発見する

開催概要

日時

DAY1    1月18日(土) 11:00 – 13:30
DAY2    1月18日(土) 14:30 – 17:00
DAY3    1月25日(土) 11:00 – 13:30
DAY4    1月25日(土) 14:30 – 17:00
DAY5    2月1日(土) 11:00 – 13:30
DAY6    2月1日(土) 14:30 – 17:00

会場

Impact HUB Tokyo(JR山手線、都営三田線「目黒」駅から徒歩約7分)

講師

稲葉 裕美、伊藤 のりこ

定員

15名(最小開催人数あり)

受講料

120,000円(税込み・全6回)

お申し込み方法

・ お申し込みは、WEデザインスクール事務局宛(contact@officehalo.com)のメールでお受付いたします。
・ メールの件名に「感性トレーニング申し込み」、本文にプロフィール(お名前・おふりがな・ご年齢・勤務先名・部署名等)を記載の上、送付をお願いいたします。


※受講できない回があった場合、来期クラスへの振替受講ができます。(内容が一部変更になる可能性もあります)
※競合となるサービスをお持ちの企業の方の参加はお断りしております。予めご了承ください。
※お申し込み後のキャンセルはお問い合わせフォームよりご連絡ください。クラス開講14日前まではキャンセル料は発生しないものとし、受講料を返金します。開催13日前以降はキャンセル料として、受講料の100%がかかります。

プログラム一覧へ戻る