PROGRAM

デザインリーダーシッププログラム

あらゆるプロジェクトにおいてデザイン力を発揮できる、
デザインリテラシーあるリーダーシップを育てます。

デザインリテラシーあるリーダーシップとは

□ デザインのパースペクティブで課題発見・発想・判断ができる
□ 感性的な思考力を持ち、人間体験を包括的に考えることができる
□ デザインの意味を読み解く能力を持つ
□ ビジネスにおけるデザインの適用範囲や重要性を理解している
□ デザイン駆動型で川上から川下まで一貫してプロジェクト進行できる
□ 各領域を専門とするデザイナーと共通言語を持ちコミュニケーションができる
□ イノベーティブな行動スタイルと意識づけを持つ
□ クリエイティブコンフィデンスを持ち、自由にデザインと関わることができる

プログラムについて

能力の軸をつくる4つのコアプログラム、課題にそって選べるスポットプログラム、メンバーで学び合うコミュニティという3つの仕組みにより、ステップアップをサポートします。

プログラム概念図

POINT1. 能力の軸をつくる4つのコアプログラム

コアとなる4つの連続プログラムで、デザインリーダーシップを目指す社会人の能力の軸をつくります。それぞれのコアプログラムはコースとして組まれているため、ステップにそって参加することで、学びがスムーズに身体化されていきます。ステップの順に参加していただくことをおすすめしていますが、それぞれのの課題に応じて、選んで参加することもできます。

POINT2. それぞれの課題にそって選べるスポットプログラム

スポットプログラムは、それぞれの個別の課題にそってオプショナルに選べる短期プログラムです。リーダーシップを果たすための共通の軸となるキープログラム加え、業界や業種、役割の違いによって対処すべきデザイン課題を学ぶことができます。それぞれの領域のプロフェッショナルが、先端的な知見をもとにナレッジシェアをおこないます。

POINT3. メンバーで学び合うコミュニティ

継続的にメンバー同士で学び合うための場を、常にオープンしています。オンラインのコミュニティ、勉強会、フィードバック会など、横の広がりを持ちながら学び続けることで、一人ひとりが刺激を得ながらがら、自分らしさを創造していくことができるコミュニティを目指しています。

学びの特徴

1. 初学者が1クラスから段階的に学べるプログラム

デザインをはじめて学ぶ方でも、基本からわかりやすく学べるアプローチをとっています。参加にあたり、資格や経験はまったく必要ありません。1クラスから受講でき、必要に応じて自由に学び続けることができます。

2. インタラクティブなワークと対話によるリフレクション

実際に手を動かしたり、メンバーと対話するインタラクティブなワークショップを中心とした学びで、デザインの考え方を腹落ちさせていきます。また、さまざまなバックグラウンドを持つメンバーとリフレクションをおこなうことで、これまで気づかなかった視点に気づき、自らの認識を大きく広げていきます。

3. デザイン視点にシフトする習慣をつくる

デザインの学びは、知識や方法論を知るだけでなく、ものごとの本質をとらえるデザインのパースペクティブを身につけることが大切です。あらゆるデザインの意味を観察し、自分自身の思考へと転換することで、創造モードを拡張する習慣をつくっていきます。

こんな課題を解決したい方へ

□ 社会人だが、これからデザインを学びはじめたい
□ ビジネスでリーダーシップを発揮するためのデザインの学びを探している
□ 専業デザイナーになるのではなく、横断的なデザイン理解をめざしている
□ デザインの視点で企画・発想する力をつけたい
□ デザイナーとの共通言語がなくコミュニケーションが難しい
□ 複数のデザイン案から選ぶ時、判断の基準がわからない
□ 社内へのプレゼンの際、デザインを理論立てて説明したい
□ デザインの発想方法を学んだが、成果につながらない

よくある質問

  • 受講前に、どのようなプログラムが行われるのか体験できる機会はありますか?

    1DAYプログラムを随時開催しておりますので、ぜひご参加下さい。開催日程はこちらのページからご確認いただけます。

  • 受講にあたって、応募資格はありますか?

    資格や経験は一切必要ありません。初学者の方向けに基礎から段階的に学び進めるプログラムを開発しておりますので、これまでデザイン学習経験のない方でも、安心してご受講いただけます。

  • 受講後に、修了証などは発行されますか?

    各トレーニングの最終日に「修了証」をお渡しさせていただきます。社内の受講申請用などとしてご利用ください。

  • 領収書が必要です。

    各トレーニングお申し込み時に、希望される宛名と但し書きをご連絡いただくことで発行が可能です。講座当日にお渡しさせていただきます。

  • デザインリテラシー・トレーニング以外の講座から受講することはできますか?

    他の講座から受けていただくことも可能ですが、デザインリテラシー・トレーニングでデザインの基本理解や共通言語を持っていただき、段階的に学ぶことをお勧めしております。

  • 企業研修や講演を依頼することはできますか?

    お問い合わせフォームから企業研修もしくは講演の依頼を考えている旨をご連絡下さい。その後、ご要望の内容等をお伺いしてから、詳細を調整していく流れとなります。まずはお気軽にお問い合せ下さい。