まもなく開催予定

一段上の判断力を目指す

デザイン判断講座・アドバンス

お申し込みはこちら

Mindクラスへの想い

色・文字・かたちのインプットを増やし
一段上の判断力を手に入れる。

Solutionこんな課題をお持ちの方に

  • デザインを好き嫌いで判断する人に、上手く反論できない
  • デザインの良し悪しの理由を、言葉で説明できない
  • デザイナー選び、デザイナーとの会話が上手くできない
  • デザインのロジックを知らず、勘や才能だと思い込んでいる
  • センスがなく、自分の意見に自信が持てない
  • デザインの基本を学んだことがなく知識がない
  • 他のデザイン講座を受講したが、基礎的な判断力がなく成果が出せない
  • 資料づくりが下手で、無駄な時間を費やしてしまう

Program概要

一段上のデザイン判断者を目指そう

デザイン判断講座・アドバンスは、ビジュアルのデザインの良し悪しを議論し判断する力をつけるために、色・かたちの基礎を知る中級プログラムです。デザインの実例をケーススタディ型で扱いながら、より現場感ある、実践的な判断力を磨きます。
デザイナーとの協業や、デザインの発注・判断、自分自身でのアウトプットづくりなど、様々なシーンで必要な「良し悪しを見抜く目」を鍛えます。デザインの色・かたちを軸に学びを進めますが、UXやビジョンなど、あらゆるシーンでデザイン活用を目指す人に、デザインのコントロール力を身につけるためにも受けていただきたいプログラムです。最終日には学びを統合するアウトプットワークに取り組み成果を共有し、講師からのフィードバックを得て学びを深化させます。デザイン判断講座・ビギナーを受講した方向けのプログラムです。

Who Should Attendこんな方におすすめ

○ デザイン判断講座・ビギナーを受講し、さらなる能力向上を目指したい
○ 判断の基本は分かったが、より高度な判断力を磨きたい
○ 色・文字・かたちパターンを、幅広く知りたい
○ 判断力あるリーダーとして実践力を高めたい
○ デザインアイデアを考える力を高めたい
○ アウトプットする能力を磨きたい
○ デザイナーにより的確な指示を出せるようになりたい
○ 専門家のサポートで良質なデザインを事例を知りたい
○ デザインのプロの視点をもっとインプットしたい
○ デザインを言語化するための語彙を増やしたい
○ 悩みや疑問をデザインの専門家に聞きたい

Featureこのプログラムで身につく能力

Step学びのステップ

Point学びのポイント

○ 専門家が選んだ事例で学びが深まる

デザインの専門家講師が、判断力を磨くための事例を選びます。
そのため、より効率的に能力を磨いていくことができます。

○ 一段上の知識を身につけ判断力を高める

デザイン判断講座ビギナーで基礎を身につけた方に、一段上の知識をお伝えします。
より実践的で、幅広い判断力が身につきます。

○ プロのサポートを受ける

講座の期間中は、講師に自由に疑問を相談してもらうことができます。
普段のお悩みや講座での疑問点などを講師に尋ねることで、スキルアップを目指しましょう。

Goal目指す姿

● デザイン判断講座・アドバンスのGOAL

・ロゴ・チラシ・ウェブ・広告など、ビジュアルの判断ができる
・目的に合った最適なデザイナーを採用できる
・デザイナーと対等に、共通言語を持って議論できる
・デザイナーのアウトプットの良し悪しを判断できる
・デザインの良し悪しを言語化して共有できる
・自らおおよそのデザイン制作ができる

WE Figureスクールの特徴

1. OFFICE HALO×武蔵野美術大学デザイン・ラウンジ

WEデザインスクールは、2016年に日本初のビジネスパーソンのデザインの学校として開校しました。美大出身メンバーによる、社会人を対象としたアート・デザイン教育の研究開発を行う株式会社OFFICE HALOが、企業・社会・大学を繋げるデザイン発信拠点である武蔵野美術大学デザイン・ラウンジとともに、新しい時代に適したクリエイティブ教育のイノベーションを目指してスタートした、これまでにない新しい学校です。

2. アカデミックな本格的研究を通して独自開発

このワークショップは美大出身メンバーによる、アカデミックで本格的な研究を通して、独自に生み出された能力開発ワークショップです。さまざまな美術教育メソッドや、創造性教育、アートセラピー、キュレーションなどの多領域を学び、大人が創造性を回復するためのプログラム・教材を授業開発チームが開発、提供しています。

3. 教育機関やビジネスメディア、企業・行政でも導入されている信頼あるプログラム

2016年に日本初のビジネスパーソン向けの学び場としてスタートし、多くの研究と実践を重ねているWEデザインスクールの講座は、経営大学院や美術大学、大手ビジネスメディアのセミナーをはじめ、多種多様な業界業種の企業・行政など、様々な組織・団体で実施され好評を得ている信頼あるプログラムです。

講師

  • 渡邊 翔

    デザイナー。武蔵野美術大学非常勤講師。武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科卒業。大学在学時より、ヤン・チヒョルトのデザインを軸にタイポグラフィ・紙面形成を研究。書籍を中心とした印刷物のデザインを手掛ける傍ら、タイポグラフィ関連著作の翻訳出版活動を行う。訳書に、チヒョルト『アシンメトリック・タイポグラフィ』(鹿島出版会、2013年) 。

カリキュラム

  • DAY1
    文字・中級
    文字事例のケーススタディ/現場での様々な判断軸を学ぶ/書体の種類と印象
  • DAY2
    色・中級
    色の種類と印象/色の組み合わせとイメージ/色事例のケーススタディ
  • DAY3
    かたちの基本
    イラストの基本/写真・画像の基本/レイアウトの基本
  • DAY4
    各デザイン分野の判断軸を磨く①
    ロゴの判断/パッケージの判断
  • DAY5
    各デザイン分野の判断軸を磨く②
    誌面の判断/ウェブサイトの判断
  • DAY6
    アウトプット
    イメージ収集/デザイナーとの共有/判断軸の整理

開催概要

会場

オンラインにて開催(Zoomを使用)

講師

渡邉 翔

定員

25名程度(最小開催人数あり)

受講料

152,000円(税込み・全6回)

受講環境・セットアップについて

・受講にあたっては、PC、Webカメラ、マイク付きイヤホン、インターネット環境を事前にご用意ください。
受講システムとしてZoomを利用します。お申込後に詳細をご案内いたします。

・PCでのご参加を推奨いたしますが、スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末からご参加もいただけます。

・推奨環境は下記です。
PC
MacOS 10.7以降を搭載のMac OS X
Windows 10、Windows 8または8.1、Windows 7

タブレット
Win 8.1を搭載したSurface PRO 2、Win 10を搭載したSurface PRO 3、iOSとAndroidデバイス

Webカメラ
内蔵カメラまたはUSBプラグインカメラ

音声機器
マイク付きイヤホン

お申し込み方法

①メールでのお申し込み

WEデザインスクール事務局宛(contact@officehalo.com)にメールでお申し込みください。
メールの件名に「デザイン判断講座・アドバンス申し込み」、本文に受講希望期とプロフィール(お名前・おふりがな・ご年齢・勤務先名・部署名等)を記載の上、送付をお願いいたします。WEデザインスクールからメールにて詳細をご案内いたします。


※映像での事後受講はできませんが、受講できない回があった場合、来期クラスへの振替受講ができます。
※競合となるサービスをお持ちである・開発予定がある、企業・個人の方の参加はお断りしております。予めご了承ください。
※お申し込み後のキャンセルはお問い合わせフォームよりご連絡ください。クラス開講14日前まではキャンセル料は発生しないものとし、受講料を返金します。開催13日前以降はキャンセル料として、受講料の100%がかかります。

プログラム一覧へ戻る