WE Design School(ウィーデザインスクール)

メニュー

HOME/プログラム > 中級クラス  タイポグラフィ入門

中級クラス
タイポグラフィ入門
2017年12月7日(木)開講 全2回

タイポグラフィの世界に触れる

デザインの基本となる、文字を組むこと=タイポグラフィの考え方を学びます。欧文書体それぞれの特徴や、扱い方、文字組みの事例を傾向ごとに知り、分類しながら、奥深いタイポグラフィの世界の入口に触れます。様々な印刷物やポスターなどの実例を分析するレクチャーや、自分自身で実際に文字を組んでみるワークなどを通して、文字とデザインの関係について理解を深めていきます。デザインの実制作に専門知識を参考にしたい方や、欧文活字の歴史に興味がある方におすすめのプログラムです。

お申し込み

講座概要

  • 開講日2017年12月7日(木)/ 12月14日(木)
  • 会場武蔵野美術大学デザイン・ラウンジ
  • 講師稲葉裕美、渡邉翔
  • 定員15 名
  • 受講料 24,000円(全2回)

受講をお勧めしたい方

  • タイポグラフィの世界に触れたい
  • デザインの基本となる文字について理解を深め、判断力を磨きたい
  • 最適な書体や文字組みで印象をコントロールする方法を知りたい
  • 主要な欧文書体とタイポグラファーについて知りたい
  • 実制作で自身のデザイン力を高める文字の知識・使い方を知りたい

講師

  • 稲葉裕美

    WEデザインスクール校長。OFFICE HALO代表取締役。武蔵野美術大学 芸術文化学科卒業。アートマネジメントやデザインマネジメント、文化政策を学ぶ。1984年生まれ。2015年に美大出身メンバーと芸術文化教育の研究開発を目的とした株式会社 OFFICE HALOをスタート。同年に社会人向けアートスクール「CORNER」を開校。2017年に「WEデザインスクール」を開校。大学や企業などにアート・デザイン教育プログラムの提供を行うなど、専門知識をより広く伝える活動を行う。

  • 渡邉翔

    デザイナー。武蔵野美術大学 視覚伝達デザイン学科卒業(新島実ゼミ)。大学在学時より、ヤン・チヒョルトのデザインを軸にタイポグラフィ・紙面形成を研究。書籍を中心とした印刷物のデザインを手掛ける傍ら、タイポグラフィ関連著作の翻訳出版活動を行う。訳書に、チヒョルト『アシンメトリック・タイポグラフィ』(鹿島出版会、2013年)。

講座内容

2017/12/7(木)19:00-21:00

文字を知る

主要な書体・書体デザイナーについてや、その使われ方についてレクチャーを通して知識を深めます。また文字を紙面上に構成するワークを行うことで、実践的な感覚を掴みます。

2017/12/14(木)19:00-21:00

文字の組み方・考え方を知る

現在の事例と繋げながら、歴史上の様々なタイポグラフィを読み解いていくことで、その考え方や、潮流の背景を知り、文字を扱うための視界を広げます。

お申し込み

申し込み受付中の講座

TOPに戻る