WE Design School(ウィーデザインスクール)

メニュー

HOME > 法人向けプログラム

法人向けプログラム 組織のデザインリテラシーを育む

WEデザインスクールを運営するOFFICE HALOでご案内している
定型プログラム、あるいは企業・団体の独自の課題やご要望に合わせ
カスタマイズするプログラムや講演など、ご相談をお受けしております。
詳細はお気軽にお問い合わせください。

このような課題・ニーズにおこたえします

  • デザイン活用の重要性を感じてはいるが、何から始めればいいかわからない
  • デザインを採用する際、何を根拠に判断するべきかわからない
  • チームのデザイン理解にばらつきがあり、デザインについて建設的な議論がなされない
  • デザイナーとどんな観点で議論したらいいかわからず、コミュニケーションがスムーズにいかない
  • 社内外へのプレゼンや営業の際、デザインについて理論立ててわかりやすく説明したい
  • デザインの思考を用いて企画・発想する力を磨きたい
  • デザインの発想方法を学んだが、デザインリテラシーがなく成果につながらない

主なプログラム

1社会人のためのデザイン入門

苦手意識を克服し、デザイン判断の基本を知る

あらゆるビジネスの中でリーダーに必要とされるデザインリテラシーの基本を学ぶプログラムです。「そもそもデザインとは何か」「デザイン活用の際、ノンデザイナーに必要な視点や思考とは何か」「デザインを判断する際、生産性の高い議論をするにはどうしたらよいのか?」「デザイナーとのコミュニケーションに悩んでいる」といった社会人の課題の多くは、デザインリテラシーの欠如により起こります。OFFICE HALOのデザイン講座は、レクチャー、対話型デザイン分析ワークを通して「デザインを見る目をもつ」「言語化して共有する」訓練に重点をおいていることが大きな特徴です。現在、多数のクライアント企業様が若手社員から経営幹部の幅広い層の方を対象に、このプログラムをご活用していただいております。組織のデザイン力強化を考える最初の試みとして、またデザイン理解の足並みを揃えるためにご活用ください。

2領域別デザイン分析ワークショップ

特定の課題・分野に対応した判断軸を養う

ロゴ、パッケージ、プロダクト、空間、UX などクライアント企業様それぞれの課題に合わせ、各デザイン領域の事例を分析するワークショップです。デザインの良し悪しはどう判断するのか、WEデザインスクール独自の枠組みで分析し言語化することで、領域ごとのデザインに理解を深めていただくことができます。

3アート感性開発ワークショップ

非言語体験を通して、複合的な判断・発想力を育む

ロジカルな思考のクセに気づき、非言語のクリエイティブ表現を直覚的に体感するワークショップです。線、かたち、色などをつかった創作ワークを行い対話を通して共有することで、普段意識することのない感性や柔軟な発想力を呼びおこします。非言語によるコミュニケーションをすることで、チームの一体感醸成等にもご活用いただいております。企業内での実施のみならず、アートの専門家を交えた美術館展覧会の鑑賞プログラムなども実施可能です。

これらのプログラムに加え、企業様の多様なニーズにお応えするカスタマイズプログラムをご提案させていただきます。お気軽にご相談ください。

主な導入先例

アドビ システムズ株式会社
東京建物株式会社
北海道大学 工学研究院
グロービス経営大学院 GDF
化学品メーカー
製造メーカー
医療メーカー
ITビジネス

その他サービス

  • 製品・サービス開発支援・提案
  • デザイン組織・人材マネジメント支援
  • 教育機関支援
  • 視察・研修旅行企画

※企業様の個別のデザイン課題や状況についても、ご相談を受付ております。お気軽にお問い合わせください。

TOPに戻る